消費者金融で100万円借入れるためには

消費者金融はキャッシングと呼ばれるサービスを行っています。キャッシングサービスを利用することで、現金を借入れることが可能となるため、預貯金では賄えないまとまった現金が必要になった際はもちろんのこと、予期せぬ冠婚葬祭が立て込んだ際や、年末年始の飲み会が立て込んだ際など、急に現金が必要となった際に利用したいサービスとなっています。

 

消費者金融のキャッシングサービスを利用するにあたっては、主に二つの制限がある点をよく理解して利用する必要があります。ひとつが業者ごと、カードごとに設定された借入限度額であり、もうひとつが、貸金業法が定めている総量規制による制限です。カードの限度額に関しては、再審査を受けることで増額してもらうことが出来ますが、もう一方の総量規制に関しては、簡単に増額するのが難しいものなのです。

 

総量規制による制限とは、年収の三分の一までしかキャッシングサービスでの現金の借り入れが出来ないといったものであり、これは近年の貸金業法の改正によって取り入れられたものとなっています。そのため、キャッシングでの借入総額を増やしたいのであれば、年収を増やす必要があり、それゆえに簡単に増額がしにくいものとなっているのです。

 

つまり、仮に消費者金融のキャッシングサービスを利用して100万円を借入れるのであれば、カードの限度額をひとつの業者、あるいは複数の業者で累計100万円まで枠を確保すると供に、総量規制によって貸し出し金額の限度額に引っかからないように、300万円以上の年収を確保する必要があるのです。これは、借り入れと返済のバランスを取るためにも重要なことでもあります。「参考:即日キャッシング比較※今すぐ借りれるのはココ!

消費者金融と年収との関係性

お金を借りる事ができる場所である消費者金融ですが、申込みを行う際に気になるポイントとして、自分の年収の事があります。週5日で働いている人ならさほど問題にはしませんが、アルバイトやパートといった年収の低い人からすると、申込みが出来るのかが心配になります。そこで、消費者ローンとの関係性についてご紹介いたします。

 

まず年間収入の額によって、申込みの審査に影響があるのかですが、結論として収入の額によって申込みが拒否される事は、まったくありません。しかし状況次第では、申込みをしても意味が無い時があります。この状況と言うのが最も重要な部分で、融資の申込みを初めて受ける人ならば問題はありません。問題があるのが、すでに借り入れをしている人です。

 

賃金業法により消費者金融からの借入額は、年間収入の3分の1までと決まっているのです。これにより、初めて融資を申込む人は全く問題ないのですが、すでに融資を受けている場合で、年間収入の3分の1かそれ以上の融資を受けている人は、消費者ローンへ申込んでも絶対に審査を通過する事は無いのです。よってこの場合、申込んでも審査では落ちてしまいます。

 

年間収入額が関係する事は、消費者金融から融資を受ける事が出来る限度額だけです。年間収入の3分の1までなので、収入が少ない人は、融資を受ける事が出来る額が少ないのです。しかし逆に言うと、その数字に達していない場合は、どこの消費者ローンでも問題なく融資を申込む権利があります。申込みが出来る条件には、雇用形態は条件に含まれていないのです。どうしてもお金が必要になった時は、無理せずに申込んでみましょう。